MANIKA

×

JRD by Jarld

×

TATSUYA HIRAYAMA

 

【“旅”-TABI-JACKE(タビヤッケ)

“旅”-TABI-JACKE(タビヤッケ)

前作ベストセラーとなった “旅”-TABI-SHIRTの遺伝子を受け継いだ新作“旅”-TABI-JACKE(ヤッケ)が遂に登場。

着心地の良い4WAYストレッチの素材はTシャツなど肌が露出する服装の上から着ても蒸れず、上半身の動きに対しドライで快適な環境で保ってくれます。

また撥水加工が施されている生地は多少の雨に対応できるだけでなく、すぐに乾くという利点も兼ね備えています。

裾にはスピンドルコードを搭載し、纏めることで下からの外気侵入もしっかりとガード。

上から被るアノラックタイプでありながら、中央のジッパーを大幅に長くしたことで脱ぎ着が面倒にならないようにしてあるのも嬉しいところ。

両手を入れておけるポケットはもちろん、背中内側にもサブポケットを搭載し、裏返すことでパッカブルに持ち歩くことができるようにしています。

そんな“旅”-TABI-JACKE(ヤッケ)の左胸下部分には“絵”という平面な世界を旅する絵描き、
“TATSUYA HIRAYAMA”の代表作である“豹”の刺繍が入り、パッカブルポーチの状態にすると、“旅”のロゴが。

ちなみにJACKE(ヤッケ)とはドイツ語が語源のJACKET(ジャケット)の総称。

主に防風性や撥水性を持つ防寒着のことを指します。

この“旅”TABI-JACKE(ヤッケ)は高いストレッチ性能や防風性と撥水性、更に快適性を併せ持った正に“最適”なヤッケなのです。

春や秋はロングTシャツなど長袖の上に。

夏はTシャツの上から。

冬はパーカーやスウェットの上に着ることでオールシーズン使うことが出来るまさにシーズンレスな一枚。

“旅”にはもちろん、デイリーからアウトドアまで。

いつでも持っていたい、そんなウエアです。

[“旅”TABI-SERIES]

自由気ままな高円寺の旅道具屋
“MANIKA”と
これまた自由だけど緻密な表現を得意とする-絵描き-
“TATSUYA HIRAYAMA”
そして機能的でシーンレス、も1つオマケにジェンダレスなアイテムを提供し続ける
“JRD by Jarld”

この3つの“ナニカ”から始まる新たな“旅”を一緒に体感しよう。


“旅”-TABI-JACKE(タビヤッケ)

・はっ水加工済み4WAYストレッチナイロン素材
・本体を収納できるポケットを背中内側ポケットに搭載
・裾に配置されたスピンドルコードで幅の調整が可能
・中央の長ジッパーで着脱をより快適に
・全てを包み込むオーバーサイジング
・Nylon95%
・Polyurethane5%
・SIZE: S / M / L
・S Size = Ladies対応
男性モデル着用サイズ : M (168cm) MUSTARD
男性モデル着用サイズ : L (168cm) BLACK
Sサイズ:着丈/76.5cm 胸囲:134cm 裄丈/85cm
Mサイズ:着丈/79cm 胸囲:139cm 裄丈/89cm
Lサイズ着丈/81.5cm 胸囲:144cm 裄丈/92cm

※撥水加工は使用状況や頻度、経年劣化により少しづつ効果が弱くなります。

MANIKA

×

JRD by Jarld

×

TATSUYA HIRAYAMA

 

“被”-KABURI】

“旅”シリーズの第2弾となる本商品は、ハーフスリーブ仕様のユーティリティスウェットが登場です。

 

スウェットフロントには3つのポケットを搭載している事でバックパックを背負っている時でも歩きながらスマホやお財布、

 

鍵なんかを気軽に入れておくことが可能に。

 

必然的に椅子に座っている事が多くなるキャンプやフェス等でも

 

同様の便利さを感じるでしょう。

袖は大きく開いたハーフスリーブ丈になっているので寒い時期等はロングスリーブと組み合わせて使用したり、

 

あたたかくなってきたら一枚着にして使用できるので、真夏以外のスリーシーズン全てで着回しが可能です。

襟、袖口は切りっぱなしの仕様になっている為着用しているうちに

 

いい感じの“ほつれ”が生まれて自分で育てた感を得ることができます。
※襟、袖口共にほつれ止まりの縫い目は作ってありますのでご安心ください。

そんな “被”-KABURI-の素材は吸水速乾性の糸を使用し作成されています。

 

肌触りは限りなくコットンに近い素材を糸から開発。

水に濡れても汗をかいても速攻で乾いてくれる使えるヤツです。

 

キャンプや旅行先は当然だけど、家着でも全然使えるくらいのリラックス具合。

MANIKAのロングスリーブと重ね着するのもオススメです。


■素材:POLYESTER 100%(吸水速乾素材)
■フロントポケット×3(左ポケットに“旅”ロゴ)
■襟元フック

サイズ詳細
S/着丈:66cm 身幅:56cm 袖丈(ラグランの為襟元から):43cm
M/着丈:68cm 身幅:58cm 袖丈(ラグランの為襟元から):46cm
L/着丈:70cm 身幅:60cm 袖丈(ラグランの為襟元から):48cm
※平置き採寸、多少の誤差がある場合があります。

MANIKA
×
JRD by Jarld
×
TATSUYA.HIRAYAMA

【“旅”-TABI-SHIRT】
 

自由気ままな高円寺の旅道具屋

“MANIKA”と

これまた自由だけど緻密な表現を得意とする-絵描き-

“TATSUYA HIRAYAMA”

そして機能的でシーンレス、も1つオマケにジェンダレスなアイテムを提供し続ける

“JRD by Jarld”

 

この3つの“ナニカ”から始まる新たな“旅”を一緒に体感しよう。

 

JRDが得意とする撥水性と伸縮性のあるドルマンスリーブのジェンダーレスなシャツを、

MANIKAのテーマでもある“旅”に焦点を当てて考え、リデザインされたシーンレスなシャツです。

 

着心地の良い4WAYストレッチの素材はTシャツなど肌が露出する服装の上から着ても蒸れず、ドライで快適な環境を保ちます。

 

シャツでありながら裾にスピンドルコードを搭載しているので、シルエットを変えて着用することも可能。

アームホールが大きく取られたドルマンスリーブは腕通しが良く、パーカーを下に着込んでも羽織る事ができます。

 

また両サイドに配置されたポケットの左部分には手やモノを入れておくだけでなく、

裏返すことで丸ごと本体をコンパクトに収納して持ち運ぶことも可能です。

 

そんな“旅”-TABI-SHIRTの両袖部分には“絵”という平面な世界を旅する絵描き、

“TATSUYA HIRAYAMA”がデザインした“旅”のロゴを右背面側に、

彼の代表作でもある“虎”のロゴを左前面にそれぞれ配置しました。

 

春や秋はスウェットやロングスリーブの羽織に、夏はTシャツの上から。

冬はパーカーやスウェットの上に着ることでオールシーズン使うことが出来るまさにシーズンレスなシャツ。

 

“旅”にはもちろん、デイリーからアウトドアまで。

 

持っていて損は無い、そんなシャツをつくりました。

MANIKA×JRD by Jarld×TATSUYA.HIRAYAMA

“旅”-TABI-SHIRT/BEIGE

・はっ水加工済み4WAYストレッチナイロン素材
・本体を収納できるポケットを左に完備
・裾に配置されたスピンドルコードで幅の調整が可能
・ジェンダーレスなドルマンスリーブ
・Nylon95%
・Polyurethane5%

“古喜利”

特別企画客演講演

【旦那と嫁と萩原くん】

photo by マツモトダイスケ

妄想インドカレー“ネグラ”開店1周年記念限定

ネグラ×苦虫ツヨシ×MANIKA

NEO-AHHOU BIG TOTE

高円寺で暮らし、物作りをしはじめてから誰かに紹介されたわけでもなく自然と仲良くなった妄想インドカレー「ネグラ」さん。

私達夫婦も大好きな高円寺のカレー屋さんがめでたく1周年を迎えました。

これを記念して、「ネグラ」とその店内アートやロゴ等を担当している“絵描き”である「苦虫ツヨシ」さん、

そして私達MANIKA FACTORYのトリプルコラボアイテムを限定発売させて頂きました。

テーマは「ネオ阿呆」でバカみたいなでかいバック。

無駄にでかく、なんでもかんでも突っ込んだらいいめんどくさがりさんにはもってこいのビッグトートです。

日本人のインドに対するイメージでまず出てきそうな“サイババ”はお祝いのゴールデン仕様!

​妄想インドカレー「ネグラ」だけの限定商品、店舗でのみ購入可能です。

妄想インドカレー“ネグラ”/www.instagram.com/negura.curry

​苦虫ツヨシ/http://www.nigamushi-tsuyoshi.com/

MANIKA×Yu Hagiwara

[PEACE] Project Limited Series

YuHagiwaraが独自に行っている【PEACE PROJECT】とMANIKAの古着リメイクライン 《FORREST GUMP》がコラボレート。

ミリタリー、ワークウェアをメインに様々なアイテムに“PEACE”マークが入ります。

今回のコラボ限定でオリジナルタグをYu Hagiwaraがデザイン。

人それぞれの捉え方、感じ方でいいんです。PEACEってなにかな?どんな状況かな?どうあって欲しいかな?

答えなんてありませんし、正解もないです。そこは我々も知りませんし知ったこっちゃないです。

 

でもたまにはシンプルに考えてみるのも悪い事じゃないでしょ?

 

あなたにとっての“PEACE”を込めて、それぞれのアイテムを着たり、使ってみたりしたらいいんじゃないでしょうか。

自分だけが心に持ってるPEACE。 それってなんだかとっても素敵じゃないですか。

Yu Hagiwara/https://youhagiwara.myportfolio.com/projects