TAKIBI-TABLE
-Super-Side-Me -

​焚火時にも安心して使える独立テーブルが登場。

​パーツの可変で焚火台“TAKIBI-LIGHT-SPX”とドッキングして使用することも可能に。

IMG_2254.JPG

​テーブル単体での使用、焚火台に接続しての使用、どちらにも対応する最強の相棒です。

IMG_2256.JPG
IMG_2257.JPG
IMG_2255.JPG
IMG_2254.JPG
IMG_2258.JPG

アルミ足に通す軸柱は

ステンレスジョイントパーツ

と一緒に通して成立させます。

IMG_2259.JPG

写真のように軸柱であるステンレス棒をジョイントパーツごと通して蝶ネジで止めます。

​次にアルミ足のフォークの部分に

ステンレスポールを乗せ、天板である

2.5mm厚の縞目板を乗せれば完成です。
 

​更に、

軽量焚火台“TAKIBI-LIGHT-SPX”を持って入れば専用のサイドテーブルとして

ドッキングして使う事も可能に。

takibi-light-Spx.jpg
IMG_2256.JPG

IMG_2197.JPG

TAKIBI-LIGHT-SPXに

ジョイントパーツを取り付け、

ステンレス延長棒を接続します。

IMG_2195.JPG

TAKIBI-LIGHT-SPXのアルミ足部分の片側にある蝶ネジを取り外し、接続用のジョイントパーツを取り付ける事で軸を延長します。
 

ジョイントパーツを繋げたら

​アルミ足を接続します。

IMG_2199.JPG

TAKIBI-LIGHT-SPXと同様にSuper Side Meのアルミ足を

一つ、連結された軸中に通し、蝶ネジで固定します。

​(テーブル用の足は一つ余ります。)

連結ができましたら付属のステンレスポールを

​写真のようにコの字の部分に通して成立させます。

IMG_2203.JPG
IMG_2207.JPG

​ステンレスポールの上に2分割された

​アルミ板を乗せて出来上がり

IMG_2205.JPG
IMG_2206.JPG

写真のように縞目模様のアルミ板を設置すれば

サイドテーブルが出来上がります。

​板を設置する時はアルミ足を少し開いて

押し込むとビタッとハマるようになっています。

天板が2.5mm厚のアルミ板であることから汚れてもゴシゴシ洗えるし、
火にかけた鍋やスキレットなどを逃しても大丈夫。

野外では意外と困る“ちょっと置いときたい”が出来る心強い焚火の味方です。

TAKIBI-TABLE

Super Side Me スーパーサイドミー 

価格¥19,800(税込)

※こちらの商品は受注生産品となります。
※お支払いは「先払い」とさせていただいております。ご了承ください。

※受注状況は商品ページをご覧ください
※お支払いは「先払い」とさせていただいております。ご了承ください

【スペック】
・サイズ:横380mm×縦365mm×高さ325mm
・重さ:本体:1795g

・縞目板×2(2.5mm厚アルミ)
・アルミ足×2(2.5mmアルマイトアルミ)
・軸棒×1、(ステンレス)
・カバー×1(ステンレス)
・蝶ネジ×2(ステンレス)
・ジョイントパーツ×1(ステンレス)
・ポール×2(ステンレス)
・日本製

​〈その他商品についてのご注意〉

IMG_1321.JPG
IMG_2190.JPG

※アルミ台座の部分は製造工程において小傷などがつく場合もありますが、

これは製品の仕様となりますのでご了承ください。